電動ミルを買いました

家で、旨いコーヒーをのみたいなぁって思い立ち、電動のミルを購入しました。
舞い戻り途中にコーヒープチの取回しサロンに赴き、おサロンの働き手にお勧めを聴き、プチも受領。
住居についてムズムズしながら、コーヒープチの手提げを開けると、フワリコーヒーの悪臭が立ちこめそれだけで、幸福に。
規定の体積を量り、ミルの表示。プチが挽かれていく過程でもっと、コーヒーの悪臭が強くなります。30秒ほどプチを挽き、スタンバイオッケー!
沸かしておいたお湯を悠々、やさしく注ぎいれ、ドリップしていきます。最初に少しの体積のお湯を入れたら、もこもこっとプチが水分を含み膨れて現れるではないですか。カップスウィーツみたいだなぁ。うれしい。今までこんな現象見た事例薄い。自らにやにやしながら、コーヒーの出来上がりを待ち受け、コーヒーの悪臭に包まれる臨時。こういうゆっくりとした間隔がまったくマニア。
出来上がりの琥珀色あいのコーヒーは、心から美味しくて幸せな昼過ぎでした。シースリー 値段