生物のことやライン樹などについて勉強してた

化石について育成しました。地層のカテゴリー序と示準化石から明らかにされた体制樹は、過去の鳥獣がどのように分化し、進化してきたかを示しています。現在の地球には巨大なクジラからマイクロバイキンまで、多種多様な鳥獣が生息しますが、その全品がDNA(デオキシリボ核酸)というものを用いて父兄からお子さんへ遺伝報せを伝達していらっしゃる。地球上のすべての鳥獣が有するそういった同一性は、すべての鳥獣が共通のおじいちゃんから分かれてきたものであることを示しています。現在のすべての鳥獣について遺伝報せの共通性を近リレーション性とみなして整理すると、体制樹の中での枝分かれの次第がわかります。こうして示された流れは、過去の化石成績と比較することによって確認されています。鳥獣のカラダをつくるもとに至るアミノ酸はいまや原始の海洋中に存在していたと考えられ、徐々に自分コピーするライフが発生しました。このようなことを育成しましたが、知らないところがあったので勉強になりました。ロスミンローヤル 市販