冬は結露の拭き掃除・つゆ時期より多いです

冬時期の掃除で気になるのは結露、多いなというのが洗濯機のスペースやお風呂場など。
建物の構造によってトイレなども結露のある箇所、水周りだと冬は水温が低いので蛇口や配管、掃除の時に雑巾で拭いています。

多い量を具体的に言うと、お風呂やトイレの床にぽたぽたするくらいの量、お風呂上りに拭いても朝になったら結露という具合。
洗濯機のスペースは小窓の上部分の枠に水滴、ここは高いし手が届かないのでモップの持手をのばしての掃除タイム。

お風呂はユニットバスで窓がないから湿度がこもり易い、ぽかぽかと気温が高い日に換気をして、すっきり乾かしたいスペース。
この冬はほぼ正常値の気温傾向なので結露が多い、壁の厚みとか配管の仕様で多いとか少ないという差はありますが、冬は毎日結露の手入れ。

こういった水周りのほかにも結露がするのが玄関先、寒さ対策にぷちぷちのシートを貼ってありますが、ドアの下から数十センチは結露のポイント。
湿度はつゆ時期に多いですが冬はそれよりも結構な量、いい感じで換気ができるのは3月下旬かな。エピレVIO 予約